ポートレート撮影の料金はいくら?

カメラ初心者向け

みなさんこんにちは

最近はブツ撮りにハマっている茨城のカメラマン仲居です。

今回はポートレート撮影を始めたいけど、モデルをお願いできる人が居ないor初心者だからある程度撮影経験のあるモデルさんにお願いしたい!

そんな方向けにポートレート撮影にかかる費用や、モデルさんの探し方をまとめました。

※Twitterアプリから閲覧すると、画像が正常に表示できない事があるようです。
お手数ですが、その際はリンクをコピーしてchromeやsafariなどで閲覧お願いします。

スポンサーリンク

ポートレート撮影の料金は大きく分けて3パターン

ポートレート撮影の料金は、主に以下のようなパターンがあります。

自分にあった料金体系や撮影スタイルを見つけましょう。

ポートレート料金パターン1:撮影会

撮影会で行列を作る写真
ArmitasによるPixabayからの画像

いわゆる「撮影会」に参加して撮影するパターンです。

撮影が時間帯で区切られており、ほとんどの撮影会が60分・75分・90分で個人撮影(個撮)出来るようになっています。

時間により料金が高くなる傾向があり

  • 60分~75分=5,000~8,000円
  • 90分=8,000円~15,000円

特に人気のあるモデルさんは更に料金が高くなる傾向があります。

また、ドレスや制服など撮影前に指定できる場合があり、その場合は+1,000~3,000円程度の追加料金が発生します。

撮影会の探し方・見つけ方

撮影会を見つける方法はとても簡単です。

インターネットやSNSで「東京 撮影会」や「大阪 撮影会」と調べれば直近の撮影会情報をすぐに見つける事が出来ます。

申し込みはWEBサイトから申し込むかSNSのアカウントへDMすることで、すぐに撮影申し込みをすることが出来ます。

また、撮影会ではモデルさんが複数在籍しており、WEBサイトから個人SNSにリンクされているので、好みのモデルさんを簡単に見つけられます。

ポートレート料金パターン2:フリーモデル

フリーモデルと個撮する写真
BessiによるPixabayからの画像

フリーモデルの方を自力で探して撮影するパターンです。※良く誤解されていますが、「フリー」は無料と言う意味ではなく「所属していない」

料金体系は様々ですが、最も多いのが時間料金となっており、最低2時間~がポピュラーです。

  • 1時間当たり=3,000~15,000円

また、撮影会と違い、移動にかかった交通費が別料金となっている方が多いです。

フリーモデルの撮影で注意したいのが、モグリからプロまで定義が幅広く、撮影に対する意識が低い方が撮影会よりもかなり多いです。

そのためドタキャンや撮影中にぶっきらぼうだったりのトラブルを良く見かけます。

(カメラマン側に落ち度がある場合も多々ありますが…)

もしフリーモデルの方を撮影する場合は、料金だけでなくSNSで人気のある人を選んだ方が間違いありません。

フリーモデルの探し方・見つけ方

こちらもSNSで見つける事が出来ます。

主にTwitterやInstagramで活動しており、「フリーモデル」で検索すればたくさんのモデルさんを見つける事が出来ます。

申し込みは基本DMでできますが、撮影会と違い個人で活動しているので、こちらの写真を事前に要求されたり、SNSでの言動がチェックされて断られる事もあります。(自衛の為ですね)

見つけるのはとても簡単ですが、DMを何度もやり取りする必要がある(リスケも…)ためコミュニケーション能力が低い人にはハードルが高いかも知れません。

※noteに「田舎だけど地元のポートレートモデルの探し方」を投稿しました。やり取りDMの公開や、田舎だからこそできるSNSの使い方をかなり詳細まで公開しました。

ちょっとグレーな内容ですが、興味のある方はぜひ見に来てください。

田舎カメラマンのポートレートモデルの探し方|茨城のカメラマン仲居|note
やろう、やろう。 と思っては居たものの、なかなか手が付けれらなかったこの話題。 【田舎カメラマンのポートレートモデル難民】 普段は私のブログでノウハウ関係を公開しているのですが、今回だけはnoteで公開したいと考えていました。 その理由は、私が実践しているポートレートモデルの探し方はグレーと言うか…なんと言う...

ポートレート料金パターン3:相互無償

相互無償のモデルさん
相互無償で何回も撮らせてもらっている

あまり人数は見ませんが、お互いに無償で撮影を引き受けてくれるモデルさんもいます。

まだ被写体モデルを始めたばかりの方や、少し興味がある、お金をもらう自信が無い、自分の写真をとにかく撮って欲しい。そういった背景の方が多い印象です。

料金は無料

ですが、この場合はカメラマン側が交通費を出したり、お茶や食事をご馳走する等で折り合いを取っています。(と言うか、なるべく負担はさせないよう努めるべき)

当たりはずれが最も多く、ドタキャンどころか連絡してる最中に音信不通もあり得ます。

一番の欠点は、相互無償モデルさんを見つけて撮影に至るまでの難易度の高さです。

相互無償モデルの探し方・見つけ方

相互無償の方を見つけるのは割と簡単です。…が、課題が多いので注意してください。

見つけ方は他2つと同様にTwitterやInstagramなどのSNSで「相互無償」や「被写体になります」などのタグで検索すれば、数は少ないですが見つけられます。

しかし、課題が多く撮影に至るまでが非常にハードです。その理由として

  • 選球眼が厳しく、DMをしても返信すら帰ってこない。
  • 撮影日程が少なくシビア(月に1~2回、日曜のみ等)
  • 自信が無いモデルさんだと当日ドタキャン率高い
  • 活動地域が不明確(DMしたら関西でした…など)
  • そもそも相互無償でも撮影されない程人気が無い。

などなど課題が多く、当日になって衣装代を請求されたり、写真をSNSにアップしたら「彼氏」から怒りのDMが来たりとトラブルの声も良く聞かれます。

↑は全部経験あります笑

しかし、最初は相互無償で後ほどフリーモデルになる方や、撮影会モデル、アイドルになる為の通過点として利用する事もあり、相互無償でもいい出会いになる事もしばしばあります。(と言うか、私はほとんど相互無償で撮らせてもらっています。いつも感謝しています。ありがとうございます。)

そのため、決して相互無償は良くない!とは言えません。

ポートレート撮影は多少お金がかかる。

撮影会やフリーモデルの方を撮影する場合はもちろん料金がかかりますが、相互無償と言ってもある程度のお金はかかります。

しかし、料金の安さに囚われずお互い気持ちの良い撮影が出来るよう、料金が明確になっている撮影会などでポートレート撮影を始めるのが安心ですね。

そこである程度撮影スキルを手に入れられれば、相互無償モデルさんから声がかかったりすることが増えてきます。

そのうえでお金を払ってでも撮りたい写真があるのか、趣味で相互無償のモデルさんを撮り続けるのかは自分の撮影スタイルと相談しましょう。

いかがでしたでしょうか?

次回もよろしくお願いします。

※最後までお付き合いありがとうございます!この記事が「いいね!」と思っていただけたら↓のリンクを1クリックしていただけるとモチベーションになります。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました