【笑顔を要求しない声かけ】で笑顔をもらう

カメラ初心者向け

みなさんこんにちは

フリーランスカメラマンになって、そろそろ1年近く経ち方向性をガンガン変更している茨城のカメラマン仲居です。

(とは言え、最終ゴールは「誰かの役に立つ」事なのでゴールには日々近づいている…と思います。)

今回はポートレート撮影する時に自然な笑顔が貰える【声かけ】についてお話したいと思います。

田舎カメラマンのポートレートモデルの探し方|茨城のカメラマン仲居|note
やろう、やろう。 と思っては居たものの、なかなか手が付けれらなかったこの話題。 【田舎カメラマンのポートレートモデル難民】 普段は私のブログでノウハウ関係を公開しているのですが、今回だけはnoteで公開したいと考えていました。 その理由は、私が実践しているポートレートモデルの探し方はグレーと言うか…なんと言う...

↑ポートレートモデルの見つけ方(発掘方法)を有料ですがnoteに公開しました。私と同じく地方・田舎カメラマンの方には参考になると思います。

※Twitterアプリから閲覧すると、画像が正常に表示できない事があるようです。
お手数ですが、その際はリンクをコピーしてchromeやsafariなどで閲覧お願いします。

スポンサーリンク

ハイ!チーズ!

さすがに2019年現在でこの声かけをしている人はいませんよね?…よね?

たぶん一番多い声かけは「3.2.1…ハイ撮りまーす!」みたいな感じだと思います。

これは実際に私もコスプレ撮影なんかで良く使います。

コスプレ撮影ではレイヤーさんが「キメ顔」を撮影してもらいたい事が多く、この声かけでも問題ありません。

しかしポートレート撮影となると、「キメ顔」よりも、柔らかくてステキな笑顔が欲しいと思いますよね。

残念ながらこの声かけでは「素敵な笑顔」を撮るのは難しく、ポートレート撮影をするなら一刻も早くこの声かけから抜け出す必要があります。

絶対に「笑顔」を要求しないことが「笑顔」を呼ぶ

絶対に「笑顔」を要求しないことが「笑顔」を呼ぶ

私は絶対に…本当に絶対笑顔を要求しません。(仕事は別ですが)

ですが、笑顔が欲しい!

わかります、よくわかります。

だって笑顔って素敵じゃないですか!

モデルさんのタイプ別おすすめ声かけ

そんな時の声かけを相手のタイプに合わせて、実際に私が行っている「笑顔が貰える声かけ」を何パターンかご紹介します。

ご紹介する写真を見てもらえばご理解いただけると思いますが、どの写真も「」をしっかり見せたステキな笑顔になっていると思います。

この声かけで上手く笑顔を引き出したいですね!

天真爛漫!元気ハツラツタイプ

天真爛漫!元気ハツラツタイプ

このタイプのモデルさんは、こちらから笑顔を要求しなくても自然と笑ってもらえる事が多く、特別な声かけは必要は不要です。

相手にちゃんと聞こえるように「かわいい!」を連呼していれば大体OKです。

※相手にハッキリ聞こえるようにするのがポイント。ちょっと大げさなくらいに

感覚としては女友達になったような気持ちで。同級生と一緒に楽しむような雰囲気で「かわいい!」「それもかわいい!」といった声かけをすれば終始ニコニコしてくれます。

イメージとしては「箸が転んでもおかしい」感じでこっちも思いきり楽しむ感じです。

ミステリアス!落ち着いた美少女タイプ

ミステリアス!落ち着いた美少女タイプ

先ほどの天真爛漫タイプとは真逆で、クールなセルフイメージを持っていて自然な笑顔を貰うのが難しいタイプのモデルさんです。

このタイプは短時間で笑顔を引き出すのはかなり難易度が高い。しかし笑顔を貰いやすい共通の声かけがあります。

それは「その服イメージにピッタリ!」や「服も雰囲気も全部かわいい!

と、そのミステリアスな美少女の雰囲気全体を褒めてあげること。

このタイプのモデルさんは「かわいい服を着ている自分が最高にかわいい」と言うタイプなので、顔ではなく全体の雰囲気を褒めてあげると自然に笑顔を貰えます。

ただし、「満点の笑顔=ニコッ!」と言うよりは「自身のある笑顔=ニヤリ」と言ったイメージ。

一番NGなのは顔だけを褒める事なので注意してください。相手からしたら「そんなのは生まれた時から当たり前」過ぎてテンションを下げてしまいます。

大人カッコいい!クールなタイプ

大人カッコいい!クールなタイプ

普段は働きつつ、休日に被写体モデルをやっているようなタイプです。

このタイプのモデルさんは撮影慣れしている事が多く、こちらから笑顔を要求せずともある程度は自然に笑顔を貰えます。

しかし、ここ一番の笑顔がどうしても欲しい時は

ワザと失敗しましょう

例えば、レンズキャップを付けたまま「あれ?キレイ過ぎてカメラ壊れた?」や、連写モードにして「かわいくてシャッターが止まらなくなった?!(バシャシャシャシャ!!!)」など

相手はカンペキなモデルさんを演じようと努力してくれるので、こちらから失敗を演じてちょっと「グダグダ」な感じにすると柔らかい笑顔を貰えます。

とにかく声をかける

ここまで紹介した声かけは、撮影中にとにかく声かけを続けた結果「今日一番の笑顔」を引き出す手段です。

例えば1時間の撮影なら45分はとにかく声をかけてください。

ただし、相手のプライベートを詮索すると1発アウトなので、こちらのくだらない話がおすすめです。

仕事でやらかした」とか「電車で寝たらドコまでいった」とか失敗談が当たり障りが無く、相手も共感しやすいと思います。

間違っても「自慢話」や「相談」はしないでください!

ただのポトレデートおじさんの爆誕です…!!!

※ちなみに相談を聞いてしまい、撮影しないまま2時間カフェでお悩み相談をした事があります…まぁお役に立てて何よりですが笑

今まで笑顔が貰えた声かけリスト

役に立つかも知れません…

周りから見ると少し気持ち悪いかも知れませんが笑

  • それいい!そのまま!撮ります…………ごめんなさい!ステキ過ぎてシャッター切れませんでした!もう一回行けます?!
  • (ピントリングを回しながら)ウソでしょ?ピントあってなくてもかわいい…!
  • (動いてもらいながら)かわいい!かわいい!かわいい!あ、それはかわいくない笑
  • え?ちょっと待って?!北川景子おりてきた?!(似てる芸能人に例える)
  • あーー!!いい!!今日イチ来てる!そのまま!そのまま!

ちょっと思い返してたら気持ち悪くなってきましたね笑

ポートレート撮影の声かけで最も重要だと思うのは、ファインダーには「あなたしかいない」事をハッキリ声に出して相手に伝える事です。

特に屋外でのポートレートでは通行人の目が気になったりするので、まずはこちらから「モデルさんとカメラマンだけの世界」を作る事で撮影のハードルをしっかり下げましょう。

そうしてポートレート撮影の世界に入って貰えれば、自然とステキな笑顔がもらえるはずです。

田舎カメラマンのポートレートモデルの探し方|茨城のカメラマン仲居|note
やろう、やろう。 と思っては居たものの、なかなか手が付けれらなかったこの話題。 【田舎カメラマンのポートレートモデル難民】 普段は私のブログでノウハウ関係を公開しているのですが、今回だけはnoteで公開したいと考えていました。 その理由は、私が実践しているポートレートモデルの探し方はグレーと言うか…なんと言う...

いかがでしたか?

相手を楽しませるには、まず自分から!笑顔は要求せずに、自然な笑顔を貰いましょう!

※最後までお付き合いありがとうございます!この記事が「いいね!」と思っていただけたら↓のリンクを1クリックしていただけるとモチベーションになります。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました