【Pergear】25mmの広角単焦点レンズが新品で7,000円台?!【F1.8】

カメラ初心者向け

みなさんこんにちは。

前回ご紹介した中華レンズメーカー「Pergear」でご紹介した、35mmの単焦点レンズが非常に良かったので、気になっていた「Pergear 25mm F1.8」の広角単焦点レンズも購入してみました!

↑前回購入した35mmレンズの記事はコチラでどうぞ!

結論から言うと、Pergearの25mm…。めちゃくちゃ良いです!

25mmはフルサイズ換算で約37mmとやや広角で、風景からスナップ、そして動画にも自然な見た目で撮れるのが魅力。

それでは写真付きでご紹介いたしますね!

スポンサーリンク

Pergear 25mm F1.8はクラシカルな格安レンズ!

Pergear25mm/F1.8はクラシカルな格安レンズ!

この「Pergear 25mm F1.8」レンズの良い所は、何といってもフィルムライクなオールドレンズ風の見た目。

前回の35mmは黒だったので、付け間違えの無いようにシルバーを購入しました。

※対応マウントはEマウント、Xマウント、マイクロフォーサーズ、Zマウントの4種類

※対応マウントはEマウント、Xマウント、マイクロフォーサーズ、Zマウントの4種類

富士フィルムの小型ミラーレスX-S10に「Pergear 25mm F1.8」装着しました。

めっちゃシブい…!

このレンズが新品でたったの7,000円台で買えるなんて…!!

X-S10自体がクラシックな見た目なので、まるで純正品レンズのようなフィット感。

レンズ自体が非常に小さく、フィルター径も43mmと極小サイズでレンズフィルター類もお手軽価格で追加できるのも嬉しいポイントです。

10枚の絞り羽根でキレイな円形のボケが特徴

Pergear35mmのレンズもでしたが、今回の「Pergear 25mm F1.8」も同様に10枚の絞り羽根を採用しています。

そのため、F2.8、F4、F8、F16と絞り込んでも滑らかな円形のボケを生み出してくれるのが特徴。

風景など絞って撮影したい人には非常に嬉しい設計じゃないでしょうか?

ポケットにも入る195gの超小型・軽量設計

ポケットにも入る195gの超小型・軽量設計

Pergear 25mm F1.8はミラーレス用のマニュアルレンズですので、非常に小さく、重さはたったの195gしかありません。

そのため、カメラボディに付けっぱなしでも邪魔にならず、いつでも気軽に持ち出せるのが良いですね。

散歩しながら少しだけじっくり撮りたい人にはピッタリだと思います。

それでは実際にこの「Pergear 25mm F1.8」で撮影した作例をご紹介しますね!

Pergear 25mm F1.8の作例

Pergear 25mm F1.8の作例
F1.8 絞りオート

まずは単焦点レンズらしい絞りを開放してF1.8で道端のポピーを撮影しました。

ポピーは非常に小さい花ですが、このレンズは最短撮影距離が20㎝前後と広角らしい接写撮影が可能

ピント面は中々シャープでボケは大きく滲んでいるのが分かります…これが新品7,000円台…!!

今すぐポチッた方が良いと思います笑

今すぐポチッた方が良いと思います笑
F2.8 絞りオート

同じくポピーを少し絞ったF2.8で撮影してみました。

画面中央にちょうど玉ボケが…なんともキレイな円形のボケですね。

また少し絞った事で現代レンズ並のシャープさを得る事ができました。

また少し絞った事で現代レンズ並のシャープさを得る事ができました。
F8 絞りオート

さらに深く絞ったF8で撮影しました。

手前は自然なボケとピント面は更にシャープな印象です。

このPergear 25mm F1.8は単焦点らしく開放で使っても面白いですが、個人的にはF8付近に絞ってスナップ撮影するのがとても気に入っています。

Pergear 25mm F1.8は風景撮影にもピッタリ

Pergear 25mm F1.8は風景撮影にもピッタリ
F11 絞りオート

このPergear 25mmはフルサイズ換算で約37mmと広角域のレンズです。

37mm前後は私たちの視覚に近く、撮りたいと思った風景をそのまま切り取れるような感覚で使う事が出来ますね。

さすがに純正レンズ程の解像感はありませんが、この安さと軽さなら風景撮影でも活躍してくれる事でしょう。

さすがに純正レンズ程の解像感はありませんが、この安さと軽さなら十分風景撮影でも活躍しれくれる事でしょう。
F16 絞りオート

ちょっと散歩をしながら、気に入った風景で足を止める。

マニュアルフォーカスらしいスローな撮影をすると、非常に楽しく使えるレンズではないでしょうか?

マニュアルレンズと言っても、今のミラーレスはピーキング(ピント面が光る)機能やピント拡大機能等がありますので、初心者にも非常におススメのレンズです。

Pergear 25mmのデメリット

コスパ最強のPergear 25mmですが、課題やデメリットも当然あります。

マニュアルレンズのためEXIF(絞り値やシャッター速度などの情報)が記録されない。は前提として、割と致命的な弱点があります…

逆光に対してクソ雑魚ナメクジ

逆光に対してクソ雑魚ナメクジ
F11 絞りオート

このレンズの最大の弱点として逆光耐性の低さがあります。

↑の写真を見てもらえば分かりますが、逆光で撮影するとド派手なパープルフリンジ(紫被り)が発生します…。

ポートレートや逆光撮影が好きな人にはかなり致命的な弱点だと思います。

ポートレートや逆光撮影が好きな人にはかなり致命的な弱点だと思います。
中央に紫のゴースト、右下に微妙なフレア

パープルフリンジは仕方ないとして、フレアはどうか?

それも残念ですが、お世辞にもキレイなフレアが出るとは言えません

このあたりの逆光・フレアに関しては、オールドレンズのふんわりした写真が撮りたい人は注意してください。

あくまでも「現代レンズとオールドレンズの中間」に位置するようなレンズ性能ではないでしょうか?

それでも7,000円台で買える広角単焦点レンズとしては破格の性能!

それでも7,000円台で買える広角単焦点レンズとしては破格の性能!
F2.8 今風の現像をしてみました笑

明確なメリットとデメリットがあるPergear 25mm F1.8ですが、新品7,000円台と言う価格を見れば非常に優れた広角単焦点レンズと言えます。

50mm前後の標準単焦点(通称:撒き餌レンズ)から新しい単焦点レンズに挑戦したい!と言った方や、広角寄りのレンズに興味がある方などにはおススメできるレンズだと思います。

単純に1万円以下のレンズとして超絶コスパが良いので、気になった方はぜひ使って見て下さいね!

↑Amazonだと在庫があればすぐ届きます。Pergear公式サイトだとセール等で最安値で買えますが、通常1~2週間と発送が遅いので注意。(GODOXのSL60はセールでも在庫が無く1か月近くかかりました…)

いかがでしたか?次回もよろしくお願いします!

※最後までお付き合いありがとうございます!この記事が「いいね!」と思っていただけたら↓のリンクを1クリックしていただくか、お菓子をください!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Amazonからお菓子をあげる


コメント

タイトルとURLをコピーしました