ガンプラをスマホでも白背景で撮影できる方法!

フィギュア撮影

みなさんこんにちは。

ガンプラやフィギュアをスマホで撮影する時、誰もが一度はこう思うハズです…

白背景でキレイに撮りたい!!

わかる…その気持ちはよく分かります。

事実、模型誌やプレバン、そしてTwitterのTLに流れてくるカッコいいガンプラの写真は白背景や黒背景でビシッ!と決まった写真が目に付きますよね。

事実、模型誌やプレバン、そしてTwitterのTLに流れてくるカッコいいガンプラの写真は白背景や黒背景でビシッ!と決まった写真が目に付きますよね。

じゃあ自分も簡単そうな白背景でカッコよく決めよう!とスマホで撮るとこんな風になりませんか?

背景は確かに白い紙を用意したのに、写真では四隅が暗く均一な白バックには程遠い写真に…

しかし今回ご紹介する方法で撮れば…!

しかし今回ご紹介する方法で撮れば…!

このように同じスマホ撮影でもここまで真っ白な背景で撮影する事が出来ます!

それではスマホでのガンプラ白背景の撮影方法をご紹介していきますね!

↑黒背景は逆に超簡単!スマホでの黒背景の撮り方はこちらで紹介しました。
スポンサーリンク

スマホでのガンプラ白背景は「トレース台」で撮れる!

スマホでのガンプラ白背景は「トレース台」で撮れる!

トレース台ってなんぞ?と言う方に簡単に説明すると、マンガ等のページを下から光を当ててトレーシングペーパーに書き写す「絵師」の為の道具。

今回はこのトレース台を背景とする事で、ガンプラやフィギュアをスマホでも白バックで撮影できるようになります!

ちなみに大きさはA3サイズ。A4を立てて横に2枚分、iPhone12と比較するとこのくらいのサイズ感。

価格はA3のトレース台が4,000円前後、A4だと2,000円くらいで購入できます。

トレース台はUSB電源式で使いやすい

内容物はこんな感じで本体、USBケーブル、クリップ、ゴム足とシンプルな構成。

内容物はこんな感じで本体、USBケーブル、クリップ、ゴム足とシンプルな構成。

本体はA3とサイズは大きいものの驚くほど薄く、十円玉×3枚程度の薄さで軽くて非常に扱いやすい。

本体はA3とサイズは大きいものの驚くほど薄く、十円玉×3枚程度の薄さで軽くて非常に扱いやすい。

RGのガンプラとフィギュアーツを載せたサイズ感です。

A3はだいぶ大きく見えますが、派手なポーズや背負いものが大きいガンプラだとA3がちょうどいいかも。(MGにはちょっと小さいけど素立ちくらいなら○)

A3はだいぶ大きく見えますが、派手なポーズや背負いものが大きいガンプラだとA3がちょうどいいかも。

使い方もシンプルで、電源ボタン1回押しでON/OFF。長押しで光量の調節をするだけ。

光量は最大/最小でこのくらい調整できます。まぁ基本はMAX光量で使うと思いますが、細かく調整できるのはありがたい仕様。

それでは実際にこのトレース台を使ってガンプラを白背景に撮影しましょう!

トレース台を使ったガンプラの白バック撮影方法

トレース台を使ったガンプラの白バック撮影方法
※説明用に明るく撮っていますが、トレース台を使った撮影は部屋を真っ暗にする必要があります!

まずはシンプルに白背景で撮影しましょう!セッティングはこんな感じで、トレース台を立てて背景に。

しかし、このまま撮影すると逆光でガンプラが影になってしまうため、手前にレフ板を置き正面に光を返してあげます。

これでスマホのシャッターを切れば…

これでスマホのシャッターを切れば…

このようにムラのないキレイな白背景のガンプラ撮影が「スマホでも」できるようになります!

あとはお好みで明るさ等を調整すればOK。

あとはお好みで明るさ等を調整すればOK。
※説明用に明るく撮っていますが、トレース台を使った撮影は部屋を真っ暗にする必要があります!

次はこのようにトレース台を床にして、ガンプラを寝かせます。

こちらも先ほど同様にレフ板を真上に配置して光を反射させて、ガンプラの色を起こしましょう。

この配置で撮影すれば…

この配置で撮影すれば…

そう!最初に紹介したフィンファンネルを展開したようなニューガンダムが撮れました!

背景自体が光っているため、余計な影が出ず浮遊感を感じる写真がスマホで撮れていますね!

背景自体が光っているため、余計な影が出ず浮遊感を感じる写真がスマホで撮れていますね!
※説明用に明るく撮っていますが、トレース台を使った撮影は部屋を真っ暗にする必要があります!

白背景は驚くほど簡単に撮れるので、次は少し趣向を変えてトレース台を天井にしてみましょう。

ちなみに床は反射が美しいアクリル板の乳白半透明を設置しています。

これで撮影すると…

これで撮影すると…

かなりカッコいい!上下が明るく、背景はグラデーションになっているのが逆にいい感じです。

また、トレース台は全面がキレイに発光するため「光が柔らかく」、しっとりとした質感に見えるメリットがあります。

また、トレース台は全面がキレイに発光するため「光が柔らかく」、しっとりとした質感に見えるメリットがあります。
※説明用に明るく撮っていますが、トレース台を使った撮影は部屋を真っ暗にする必要があります!

またトレース台は背景としてだけでなく、普通のライトとしても使う事ができるため、このようにライティングすれば…

またトレース台は背景としてだけでなく、普通のライトとしても使う事ができるため、このようにライティングすれば…

フィギュア撮影用のLEDライトでも十分使える性能!

もしかしてトレース台ってフィギュア撮影用のライトでは?

トレース台を撮影ライトとして見た場合に注意したいこと

そもそもトレース台は撮影ライトではありませんが笑

想定外の使用方法だと思うので、あくまで撮影時に気を付けたい事が2つありました。

①LEDライトの色味が青に寄っている

これは実際に使って見ると分かりますが一般的なLEDライトと比較した場合、かなり青色に寄っていると思います(個体差かも知れません)

これは実際に使って見ると分かりますが、一般的なLEDライトと比較した場合、かなり青色に寄っていると思います(個体差かも知れませんが…)
スマホで撮った状態

普通にスマホで撮影すると白背景がこのような青色で出てしまいます。

対策としては撮影後に写真アプリ等の編集機能で「ホワイトバランス」や「暖かさ」の項目を調整すればOK。

対策としては撮影後に写真アプリ等の編集機能で「ホワイトバランス」や「暖かさ」の項目を調整すればOK。

iPhoneの場合は、写真アプリの右上にある「編集」をタップして

iPhoneの場合は、写真アプリの右上にある「編集」をタップして

画面下部にある「暖かみ」を調整して背景が白に近くなるよう調節してください。

画面下部にある「暖かみ」を調整して背景が白に近くなるよう調節してください。

あとは明るさを調整すればこの通り!キレイな白背景になりましたね。

②光量はそこまで明るくない

あくまでトレース台ですから当然ですが、LEDライトとしては明るさはあまり強くありません。

そのためスマホで撮影する場合は光量が足りず画質がやや低下してしまうのが難点。

(カメラマンとしては気になる。が正解で、ほとんどの人には気にならないかも)

しかし同じように全面が光るLEDライトは数万円はしますから、3000円台で買えるLEDパネルとして見れば圧倒的なコスパ。

光量不足はトレース台を2枚にすればほぼ解決するためこちらも対策は可能です。

まとめ:トレース台はガンプラ撮影用のLEDライトだった!

ウソです!メーカーさんごめんなさい!笑

しかし通常の機材ではほぼ不可能と言える「スマホでの白バック撮影」を、高級なカメラやライティング機材を使わず再現できるのは画期的だと思います。

※一眼レフとストロボなら白背景はむしろ簡単。スマホでの白背景が難しい理由はややこしいので割愛。

むしろ色味や枠無しの調整をしてガンプラ専用LED板として発売して欲しいほど相性はバツグン。

スマホでのフィギュアやガンプラ撮影が上手く行かない方には、複雑なライティングの知識が無くてもいい感じに撮れるトレース台は救世主かも知れませんね!

ガンプラ撮影の他記事はこちらもどうぞ

↑ちなみにトレース台やレフ板を挟んでいた「どっちもクリップ 強力タイプ」はフィギュア撮影だけでなく、小物の撮影などにも役立つのでおススメ。

いかがでしたでしょうか?

次回もよろしくお願いします!

※最後までお付き合いありがとうございます!この記事が「いいね!」と思っていただけたら↓のリンクを1クリックしていただくか、お菓子をください!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Amazonからお菓子をあげる


コメント

タイトルとURLをコピーしました