「フィギュア向け」撮影ブースを600円で自作しよう!

ライティング風景カメラ初心者向け

みなさんこんにちは。

本格的にブログを書き始めた茨城のカメラマン仲居です。

今回はフィギュアやオークション用の小物などにバッチリ使えて、たった600円で誰でも簡単に作れる「撮影ブース」の作り方をご紹介します!

※Twitterアプリから閲覧すると、画像が正常に表示できない事があるようです。
お手数ですが、その際はリンクをコピーしてchromeやsafariなどで閲覧お願いします。
※ブログ村に参加してます。↓のリンクをクリックしていただけるとモチベーションにつながるので、このブログを気に入っていただけたら1クリックお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑スマホでフィギュアを黒背景に撮る方法もまとめました。
↑激安のLEDライトのレビュー記事もおすすめです
スポンサーリンク

フィギュア用の撮影ブースとは?

側面や天井部分が半透明の布や白い板等で出来ている撮影用ボックスです。

この中で撮影をするとストロボやライト等の照明が柔らかく(影が少なく)なり、誰でも簡単にクオリティの高い写真が撮れるようになります!

オモ写やオークションなどの商品撮影にピッタリです。

↓こんな感じです。Amazonだと3,000円くらい?(レビューを見ると商品によってはペラペラで耐久性が無かったり、付属のライトが落下したりと評判は良くないようです。)

100均でOK!簡単に撮影ブースが作れるぞ!

なんと!今回の撮影ブースは100均だけで完結します!(すてき)

購入するアイテムはたったの4種類です!必要な工作もハサミで四角に切るだけです。

たったこれだけ!自作撮影ブースの必要アイテム!

必要なアイテムはたったの4種類

必要な4アイテム
必要なのはこれだけ!なんとたったの600円!
フリーマルチパネルは最初から半透明な板が付いてて最高!

・フリーマルチパネル(DAISO)×3枚

・フリーマルチパネル用ジョイント(DAISO)×1袋

・A3トレーシングペーパー×1袋

・超強力マグネット×1セット

以上!とっても少なくて気軽にできますね!

※お店により在庫がない場合があるので、購入の際は事前にお店に電話して確認してみてください。

たったの3分!超お手軽工作で撮影ブースを作ろう!

今回の自作撮影ブースは、これまでで一番簡単な作業なので安心して取り組んでくださいね!

コの字型に組み立て
3枚のパネルをジョイントで「コの字」型に組む!
立ち上げたところ
立てたところ。前後は吹き抜けで構いません。

とーーーーーーーっても簡単です!まずはフリーマルチパネルを「コの字」になるようにジョイントで止めます。1枚に4つジョイントを付けて、垂直になるように残りの2枚を付けるだけです。

なんと!これで重要な作業はほぼ完了です(笑)

超強力磁石をハサミでパッケージごと切る
超強力磁石をパッケージのまま切る!
超強力磁石を4等分
ハサミで4等分します。

次は超強力磁石をパッケージのまま切ります!TVで見たのですが、このやり方だと使い勝手が非常に良くなります!すごい!

パッケージから出してしまうと、その強力さから平らな面に付くと外せなくなるので注意してくださいね。

これから使うのは2個だけですので、残りは冷蔵庫にでもつけておいてください。ちなみに現在で約80%完成です!

※小分けにした超強力磁石同士が近づくと「バチン!」とくっつくのでケガをしないよう気を付けて取り扱いください。

超強力磁石でトレーシングペーパーを張り付ける
トレーシングペーパーを超強力磁石でくっつける

もう少しです!頑張りましょう!

次はトレーシングペーパーを奥側に超強力磁石で取り付けます。

完成!たったの3分で撮影ブースが出来上がりました!

完成!
かなり簡易的ですが、縦35センチ×横35センチと必要十分な大きさです!

じゃーん!よくできました!頑張りましたね!拍子抜けするほど簡単に撮影ブースが完成しました。

この撮影スタジオのポイントは天井・側面が半透明の板になっているので、自分の好きな照明やライティングでフィギュアや小物が撮影できるところです!

また、背面はトレーシングペーパーの他、磁石で挟める物なら紙でも布でも自由にさっと変更できて汎用性が高いのが魅力です!

実際に撮影してみたので、作例を見てみましょう!

スポンサーリンク

600円自作撮影ブースで照明を使った作例

テスト撮影
基本のサイド光。影が柔らかく自然な陰影です!

まずは基本の斜め前方からの1灯ライティングです。カッコいいですね!

ちなみに撮影風景はこんな感じ↓

ライティング風景

前回の記事でご紹介したフィギュア撮影の照明に使えるLEDビデオライトでライティングしました。

他にもストロボや手持ちのデスクライトなんかでもOKです!

光る背景

次はいわゆる「光る背景」です。これが出来ると一気にクオリティが上がりますね!DMでも結構質問されることが多いので、これが出来るように背面をトレーシングペーパーにしました!

撮影風景はこんな感じ↓↓

光る背景の撮影風景

後ろ側は前回ご紹介したフィギュア撮影の照明に使えるLEDビデオライトを使い

前回ご紹介した、フィギュア撮影の照明にピッタリのLEDライト

側面からLED電球を当てました。ちなみにLED電球は以下を組み合わせて使っています。デスクライトとは比べ物にならない明るさで小さなフィギュアから、大きなフィギュアまで明るく照らしてくれるためおススメです。

※倉庫とかに使うやつです。直視できないほど明るい!

フィギュア撮影の楽しみ!背景を変えよう!

今回の自作撮影ブースは背景を超強力磁石で止める方法を採用したので、背景を手軽に変える事が可能です!(すごい)

以下、作例です。超強力磁石で背景を止めているだけなので、紙でも布でも好きな背景をさっと取り換えて楽しみましょう!

どうでしょうか?手軽に変更できるだけでなく、イメージも大きく変えることができましたね!全身を写す場合は、足元にも紙や板などを敷くことでフィギュアだけでなく、オークションの撮影や商品撮影なんかも高いクオリティで撮影することが出来ます!

また、過去に作成した自作のレフ板100均のお手軽LEDライティングなども駆使すればもっと撮影クオリティが上昇すると思います。

100均のお手軽LEDライティング記事

いかがでしたでしょうか?

今回はすべて100均で揃えることが出来る、超超お手軽な撮影ブースの自作方法でした!

ぜひお友達にも教えてあげてくださいね。

次回もよろしくお願いします!

※最後までお付き合いありがとうございます!この記事が「いいね!」と思っていただけたら↓のリンクを1クリックしていただくか、お菓子をくれたら喜びます!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Amazonでお菓子を送り付ける


コメント

タイトルとURLをコピーしました