カメラ初心者におすすめSDカードの選び方

おすすめSDカードカメラ初心者向け

みなさんこんにちは

連日30度を超す暑さで写真を撮らない茨城のカメラマン仲居です。

今回はカメラ初心者の方におすすめしたいSDカードをご紹介します!

※Twitterアプリから閲覧すると、画像が正常に表示できない事があるようです。
お手数ですが、その際はリンクをコピーしてchromeやsafariなどで閲覧お願いします。

※ブログ村に参加してます。↓のリンクをクリックしていただけるとモチベーションにつながるので、このブログを気に入っていただけたら1クリックお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

HC?XC?SDカードの種類は何が違う?

SDカードには大きく分けて3種類あり、保存できる容量により以下のように種類分けされています

  • SDカード(2GBまで)
  • SDHCカード(4~32GBまで)
  • SDXCカード(64~)
SDカードの種類は3種類ある
OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

以上のように種類分けされていますが、基本的にはSDカード=SD、HC、XCは同じ認識で問題ありません。

現在の家電量販店ではSDはほぼ取り扱いが無いので、初心者の方はSDHCを買っておけば大丈夫です。

※2010年より以前に発売されたカメラなどは、SDHC/XCの規格に対応していない場合があるので、カメラを確認しましょう。

SDカードはそれぞれスピードが違う!

カメラ初心者にありがちなのが「国内メーカーのSDだから安心です!」と、家電量販店の店員さんに丸投げしてSDカードのスピード(読み込み/書き込み)を確認せず購入してしまいがちです。

実はSDカードにはそれぞれ読み込み/書き込みスピードが設定してあり、容量だけでSDカードを選んでしまうと以下のような状態になってしまいます。

カメラメーカーの表記よりも連写できない

カメラを買ったときに「最高8コマ/秒で連写できる!」と書いてあったのに、いざ使ってみると

カシャカシャ!…カシャ…カシャ……カシャ………!

あれ?遅くない?となった経験はありませんか?これはSDカードのスピードがカメラメーカーの推奨よりも遅いSDカードを使っている可能性が非常に高いです。

撮ったデータをPCに移すのに時間がかかる

撮影会や旅行などで盛り上がって、シャッターを沢山切った!楽しかった!

さぁPCに取り込むぞ!とデータを移したみたら300枚/58分…

と、あまりの遅さに「今日は取り込みだけして、現像は後日…」なんて方がカメラ初心者には多いと思います。

これもSDカードのスピードで大きく変化します。

SDカードのスピード確認方法

SDカードの表面にはそれぞれ以下のようなスピードとクラスが表記されています。

読み込み速度や書き込み速度はSDカードに書いてある
SDカードのスピードとクラスを確認しよう

SDカードのスピード

写真を撮るカメラマンが気を付けるのは主にこの「スピード」です

■読み込み速度(Read

PC等に転送する際の速度です、個人的にはこれが60MB/sを下回るとかなり「遅い」です。私はすべて95MB/sのSDカードで揃えていますが、今のところ快適です。

■書き込み速度(Write)

これが連写速度に影響しますので、最も重要な数値です。

しかし、ほとんどの場合SDカードには表記されておらず、メーカーサイトやパッケージ等で確認することが出来ます。カメラによりますが1~2秒程度の連写であれば90MB/sあれば十分だと思います。

超高速連写!」などと謳っている一眼レフなどはこの速度が300MB/s程度を基準にしている場合が多いので、いいカメラを買う時は特に注意してください。

SDカードのクラス

動画を撮影するカメラマンはこちらも確認しましょう。

動画を撮影する際の最低保証速度が、クラスにより分けられています。これが低いSDカードで動画撮影をすると、動画がカクカクになる「フレーム落ち」が発生してしまいます。

※4K動画を撮影する方はV60以上のSDカードが推奨となっています。

詳細は以下のサイトでご確認ください。

スピードクラス - SD Association
##

おすすめSDカードベスト3

上記のスピードやクラスをふまえ、カメラ初心者の方におすすめのSDカードをご紹介します。

おすすめ1位:サンディスク ExtremePro 32GB

今やSDカードと言えばサンディスクと言っても過言ではない、SDカード最大手のExtremeProがおすすめです。

1枚1,300円前後とコスパが良く、私も現在使っており手元に8枚ほどあります笑

書き込み速度は最大90MB/sと高速で、よほどの連写でなければストレスなく使用できます。また、32GBと言う容量は撮影時に撮りすぎない目安としてもちょうど良く、コスパも抜群です!

※カメラによりますが、RAWだと500枚前後撮影できる。300枚前後で休憩&選別するのが吉です。

おすすめ2位:サンディスク Extreme 16GB

こちらも同じくサンディスクのSDカードです。

1位のSDより書き込み速度が40MB/sと下がりますが、連写をしない撮影では違和感なく撮影できます。読み込みはほぼ同程度の90MB/sと十分高速です。

価格が1,000円以下と非常に安く、SDカードごと納品する際に気軽に渡せるので重宝しています。

おすすめ3位:ソニー TOUGH 64GB

連写を楽しみたいなら!

10,000円以上と初心者の方には高価ですが、読みこみ/書き込み共に最高速度が300MB/s近くと非常に高速で、最新のカメラでも気兼ねなく連写することが出来ます。

その名の通り非常にタフで、SDカードとしては珍しい防塵・防滴加工が施されています。

【TOUGH(タフ)】SF-Gシリーズ タフ仕様 | 記録メディア | ソニー
ソニー 記録メディア 公式ウェブサイト。記録メディア【TOUGH(タフ)】SF-Gシリーズ タフ仕様の商品ページです。

とにかく連写したい!データは安心して扱いたい!そんな方におすすめです。

いかがでしたでしょうか?

初めに買ったSDカードでは、カメラ本体の性能を生かし切れていないかも知れません。

高速なSDカードがあるだけで、写真はもっと楽しくなると思いますので、ぜひ高速なSDカードを試してみてくださいね!

次回もよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました