iPad用lightroomアプリは無料と有料で何が違う?

RAW現像

みなさんこんにちは

久しぶりにブログを連続更新してとても頑張っている(ほめて)茨城のカメラマン仲居です。

前回、前々回とiPadを使って一眼レフで撮った写真をRAW現像する方法をお伝えしてきました。

今回はそのiPadでRAW現像に必須の「lightroomアプリ」は有料版と無料版では何が違うのか?についてお話します。

スポンサーリンク

無料版lightroomアプリで出来る事

まずは無料版のlightroomアプリで出来る事を振り返ってみましょう。

  • 露出やコントラスト、シャドウや白レベルなど、写真全体の明るさを調整
  • 色温度や色被り、彩度など色味の調整
  • テクスチャや明瞭度や粒子の追加、かすみの除去や周辺光量などの補助効果
  • ノイズの低減やシャープネスなど写真の品質を調整

つまり、無料版lightroomアプリでも現像に関する基本的な事を高いレベルで調整出来る事になりますね。

むしろ無料版でもここまでの機能が使える事に驚きです。

じゃあ有料版は何が出来るのか?今回はそこにフォーカスしていきます。

↑iPadでRAW現像の記事はコチラにまとめていくので、ぜひブックマークお願いします。

有料版lightroomアプリはカメラマン必携レベル

では、有料版lightroomアプリで出来る事を見ていきましょう。

ちなみに有料版は550円/月額となっていますが、PC版のPhotoshopとlightroomがセットになった「フォトプラン」を契約している方は同じアカウントでログインすれば無料で使えます。

※lightroomだけの単品販売はしていないため、PCでPhotoshopを使う人はフォトプラン。iPadでlightroomしか使わない人は月額550円がおすすめです。

有料版の機能①:RAWデータの読み込み/編集

有料版の機能①:RAWデータの読み込み/編集

やはり何といってもRAW画像の取り込みと編集がPCを使わずiPad単体で可能になる点が最も大きなメリットです。

これによりPCを持っていない人(もしくはロースペックPC)でも、場所を問わずRAW現像できるのは非常に大きな魅力。

余談になりますが、新しいカメラを買う時は自分のPCがRAW現像できるかネットなどで調べておきましょう。ロースペPCでは高画素フルサイズミラーレスのRAW画像は現像すらままならない事もあり得ます。

最新一眼レフのRAW現像はPCパワーもかなり必要になるため、PC並みのパワーがあるiPadでのRAW現像はまさしくカメラマンの為の機材と言えますね。

※PC版でフォトプランを契約している人は、同一アカウントでlightroomアプリにログインすれば有料版のプレミアム機能が利用できます。

有料版の機能②:修復ブラシ機能

有料版の機能②:修復ブラシ機能

修復ブラシ機能は、Photoshopに代表される「不要な物を消す」機能です。

例えばセンサーについた埃や、風景に写りこんだ遠くの飛行機、電線などをコピースタンプや近くの背景を利用して「自然に」削除することが出来ます。

この機能があるおかげで、Photoshopをわざわざ経由せずともクオリティの高い写真に出来るため、地味ではありますがかなり重宝する機能。

有料版の機能③:選択範囲を編集

聞きなれない機能かも知れませんが、Photoshopで言う所の「肌修正ブラシ」と思っていただいても良いと思います。

選択(なぞった)範囲だけを「通常の現像」と同じように明るさや色味、ディティール等をピンポイントで修正できるようになります。

これを使えばポートレートで肌だけ滑らかにしたり、顔にかかる影を無くしたりできます。

これを使えばポートレートで肌だけ滑らかにしたり、顔のシャドウを無くしたりできます。

↑さすがにポートレートで女性の肌を加工前後するのはマナー違反なので、おじさんの手で試してみましょう。

↑さすがにポートレートで女性の肌を加工前後するのはマナー違反なので、おじさんの手で試してみましょう。

↑おじさんのヨゴれた手を適当になぞって…

↑おじさんのヨゴれた手をなぞって…

↑テクスチャや明るさを調整すると…画質を落とさず滑らかな肌に!

(わかりやすく適当にやっていますが、applepencilを使えば自然に肌だけを修正可能)

また、直線状にグラデーション修正をすることもできるため、風景写真では空だけを自然な青さに調整したりPhotoshop顔負けの機能がたった550円で利用できます。

この機能が使えるようになるだけで、写真のスキルが一段階上がると言っても過言ではない機能です。

有料版の機能④:ジオメトリの編集

有料版の機能④:ジオメトリの編集

↑あおり気味で撮影した写真でも…

↑あおり気味で撮影した写真でも…

↑ボタン一つで見違えるほどキッチリしたシンメトリーに…!

ジオメトリを簡単に説明すると「歪み」や「傾き」を編集する機能です。

他のアプリにも傾きなどはありますが、lightroomアプリでは更に上のレベルで編集が可能で、傾きを縦・横・前後・左右と編集できます。

更に自動調整の機能も備えているため、シンメトリーな建物など正確に撮影することが難しい被写体でも簡単に水平・垂直が揃った気持ちの良い写真にすることが可能。

街中で適当に撮ったスナップ写真でさえも格段にクオリティアップが狙えます。

有料版の機能⑤:100GBのオンラインストレージ

私は物理HDDに保存派なのであまり利用していませんが、大容量の100GBがクラウドストレージとして付与されます。

クラウドなので、アカウントさえ紐づければ他の端末でも利用できます。

趣味でカメラを楽しんでいる人には十分すぎるレベルなので、月額550円に含まれていると考えれば破格の容量。

スポンサーリンク

月額たった550円でiPadが高速RAW現像マシンに変貌!

月額たった550円でiPadが高速RAW現像マシンに変貌!

lightroomとカメラマンは切っても切れない強い関係性で結ばれています。

ですが、PCを持っていなかったり、性能が低くてRAW現像の作業自体にネガティブなイメージを持っている方はぜひiPad版lightroomアプリを試してみてはいかがでしょうか。

まずは無料版を使ってみて、現像スタイルがマッチすればぜひ有料版に切り替えて欲しいです。これほど強力な武器は他にありませんので。(実際に私の現像が高速なのは、iPadで大半の現像作業を完了しているから)

↑iPadの選び方もまとめました

いかがでしたでしょうか?

次回もよろしくお願いします!

※最後までお付き合いありがとうございます!この記事が「いいね!」と思っていただけたら↓のリンクを1クリックしていただけるとモチベーションになります。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました